ホーム > 『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』

ゆる体操を学ぶ
本部直営教室
全国のゆる体操教室
運動総研 Cスペース
ゆるウォークを学ぶ
本部直営教室
全国のゆるウォーク教室
ゆるウォーク入門セミナー
ゆる体操の本・ビデオ・DVD
ビデオ・DVD
高岡英夫の著書など
高岡英夫のメッセージ
高岡英夫の主な著書
新刊書籍のご紹介
高岡英夫著書のはしがき
ゆる体操関連論文
Nidoさんファンクラブ
Nidoさんファンクラブ
ゆる体操指導員について
ゆる体操正指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員 写真一覧
ゆる体操準指導員 氏名一覧
ゆる体操正指導員のリンク
指導員試験日程・要項
達人調整
達人調整師一覧
達人調整とは
達人調整 個人施術
メディア登場掲載
テレビ出演履歴
雑誌・新聞掲載履歴
運動総研主催講座
集中講座
MAXデイズ開催日
講座受講規定
専門講座紹介一覧
ご参加者の声
本社教室ご参加者の体験談
本部直営教室への地図
東京本社・大阪・京都
資料
資料請求
DM送付停止
企業情報
会社概要

『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』

   日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55/KADOKAWA/定価:本体1,700円+税

タイトル:日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55

出版社:KADOKAWA

定価:本体1,700円+税

□書籍は全国の書店にてお買い求めください。
Amazon.co.jp(アマゾン)]

 サッカーゆるトレーニング動画

 以下の動画は『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』(KADOKAWA)をお読みいただいてからご覧いただくと、よりご理解いただけます。

  

 

  

  

  

  

無料セミナー『サッカーゆるトレーニング入門』開催のお知らせ

 『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』に掲載されているメソッドを実際に生で正しく学びたい人は、初級・中級レベル対象の無料セミナー『サッカーゆるトレーニング入門』が、運動科学総合研究所とNPO法人日本ゆる協会主催で開催されますので、できるだけ早いうちにこのセミナーを受講するのをオススメいたします。

>>2017年1月~6月期 無料セミナー『サッカーゆるトレーニング入門』のご案内はこちら

>>2017年1月~6月期 無料セミナー『サッカーゆるトレーニング入門』のご案内(pdf)

書籍『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』の訂正とお詫び

 『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』で、下記のとおり表記の誤りがございました。
 お詫びと共に訂正させていただきます。

(1)P.23 写真キャプション
【誤】 【正】
アクセル筋で突破するハメス・ロドリゲス選手とブレーキ筋で阻止しようとする今野選手。 アクセル筋で突破するフアン・フェルナンド・キンテロ選手とブレーキ筋で阻止しようとする今野選手。
(2)P.134 上から3行目
【誤】 【正】
椎11番から椎の3番(位置は右頁参照)までに力が入り、それを主働筋として体幹を持ちあげようとする。 椎11番から椎の3番(位置は右頁参照)までに力が入り、それを主働筋として体幹を持ちあげようとする。

サッカーゆるトレーニングは、2015年9月21日より指導権をオープン化しました

*『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』に掲載のメソッドを1点でも指導しようとする方は必ずお読みください。

  • 1.『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』に掲載されている全てのメソッドは、指導することによる一切の問題・事故・事件の責任を指導者自身が負うことを前提として、誰でも自由に指導することができます。
  • 2.高岡英夫の過去の著作物において、「これらのメソッドを指導するには、指導資格が必要である」または「これらのメソッドを指導するには、著作権者の許可が必要である」という趣旨の記載がありますが、これらの制限は2015年9月21日以後、『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』に掲載されているメソッドについて無効とします。
  • 3.『日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55』に掲載されているメソッドの実施あるいは指導により生ずる一切の問題・事故・事件について、著者および発行者は免責されます。
  • 4.高岡英夫が開発・指導しているメソッドで、指導権オープン化を明示的に宣言しているもの以外は、その全てが指導権オープン化の対象ではありません。指導権がオープン化されていないメソッドを高岡英夫の許可なく指導することは、知的財産権侵害になりますので、ご注意ください。

 

ページTOPへ↑